東海大学 工学部 医用生体工学科。学生と教員が一体となって,社会の要請に応える多様な学問領域に取り組む充実した毎日を送っています。

実習の風景

実習の風景

東海大学 工学部 医用生体工学科では様々な実習や実験を行っております。

・基礎医学実習
・生体機能代行装置学実習
・生体計測装置学実習
・電気工学実習
・病院見学(ドクターヘリ)

など・・・・学生と教員が一体となって,社会の要請に応える多様な学問領域に取り組む充実した毎日を送っています。

研究内容

研究内容

卒業研究では、幅広い専門分野から高度な研究テーマを選ぶことができます。

・モノアラガイを用いた学習・記憶の神経機構の研究
・人のストレスを無拘束で測るシステムの開発
・診断・治療に役立つ医療機器
・MRI(磁気共鳴画像)を用いた新しい画像診断
・人工心肺装置の安全管理

などのテーマで、研究室に所属して高度な研究を経験できます。

学びのステップと将来のビジョン

工学と医学の知識を修得し新たな医療機器を開発して医学の発展に貢献

現在の医療にはさまざまな機器が導入されていますが、これらの先端医療機器を使いこなすためには、工学の知識に加えて医学的知識も必要となります。

このような、医学と工学の境界領域に生まれた学問が医用生体工学です。

本学科では、先端医療機器を理解し、正しく使用するための知識や技術を習得します。

臨床現場において、医療機器の進歩に柔軟に対応し、チーム医療をリードできる臨床工学技士や医療技術者の育成に力を入れています。

1年次

基礎教養科目に加えて「物理実験」「医学概論」などの医学系・工学系の専門基礎科目を学び、「医用生体工学概論」で医用生体工学の全貌を把握します。

2年次

1年次で学んだ基礎知識をもとに、工学系では「電気工学」や「電子工学実習」、医学系では「臨床生理学」や「臨床医学総論」を履修します。また、医用工学の各分野に関する「応用数学」や「バイオマテリアル」なども履修します。

3年次

専門科目が主体となります。「循環機能代行装置学」「呼吸機能代行装置学」などの実践的学習で“人体のような柔らかい物体と硬い機器をいかに適合させるか”を学び、人に優しい機器を開発するセンスを身につけます。

4年次

興味のあるテーマを深められる研究室に所属し、新たな問題の発見やその解決に取り組みます。成果は卒業研究として論文にまとめ、発表を行います。

将来のビジョン

技術者や研究者になるための実力を在学中に身につけることができるため、即戦力として病院で現代医療に貢献したり、医療機器メーカーで新しい機器の開発に携わることができます。卒業生の多くが、医療・福祉系へ就職しています。